症状別、あなたのあがりにこの対処!   >>詳しくはこちら

2008年09月15日

内観法で赤面症を克服

赤面症を克服する方法のうち1つに、内観法が有効な場合があります。

森田療法と同じく日本で開発された方法の中には、後に世界中で知られ、広く用いられる方法となっていった、というところに内観法の特色があります。

究極的な目標を掲げている内観法は、他の赤面症克服法とは少し異なり、「真の自己を知る」ことにつながっています。

また「日常内観」という日常生活の中で行う方法と、「集中内観」という、研修所のようなところ(病院の場合もある)に1週間宿泊して研修する方法とを併用することが、多いようです。

そのうち集中内観は、次のような方法で行われています。

身の周りを屏風などで仕切って落ち着ける状態にして、楽な姿勢で座れるようにしてもらいます。

そして、小学校低学年、高学年、中学校時代……、というように年齢を区切って、現在まで調べます。まず「母(または母親代わりの人)に対する自分」を「1::世話になったこと」「2::(1に対し)返したこと」「3::迷惑をかけたこと」
の3点についてです。

母が済むと、身近な人に対する自分を同様の観点から調べます。父、配偶者、子どもなど身近な人たちです。

面接官に1〜2時間おきに、3〜5分間の面接が行われ、調べた内容を話していくです。

面接は、1日7〜8回行われます。

この方法は赤面症克服法としてだけではなく、長い人生において様々な場面で役立つ方法といえます。
posted by あがり症 at 15:19 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105949810

この記事へのトラックバック
あがり症を克服したいなら、ここをクリック ⇒  症状別、あなたのあがりにこの対処!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。