症状別、あなたのあがりにこの対処!   >>詳しくはこちら

2010年08月26日

西村順式あがり症克服講座

「人前で話そうとしたら、頭の中が真っ白で何も分からなくなった」
「大勢の前にたっただけで、心臓がバクバクいってパニックになった」

そんな経験のあるあなたは、この続きをお読みください。


元NHKアナウンサーの西村順氏も実はそういう経験を頻繁にしていたそうです。

「授業で教科書を読み上げられなかったほど」といいますから、
あがり症のひどさがお分かりになると思います。

その西村順氏は今はこういっています。


「人前であがらない方が変でしょう。」
「正しい方法をしればすぐにでもあなたもあがり症を克服できます。」

⇒ 西村順式あがり症克服講座の詳細はこちらをクリック

人前で話すということは、発声や身振りを覚えたり直したりすることが重要ではありません。

政治家にでもなって、今の話し方を改善したいとでも思っているのなら別でしょうが、「西村順式あがり症克服講座」が扱っているのは、そういうことではありません。

そして、「あがらない方法」ではなく「あがることによってパニックにならない方法」、「あがりをコントロールして克服する方法」です。


西村順先生のセミナーは通常10万円ほどします。
それにもかかわらず常に予約でうまっています。

110613人を超える方に直接指導し、効果をあげている方法に興味があるのであれば、

⇒ 詳細はこちらをクリックしてお読みください




参考:
西村順式あがり症克服講座とは





 

posted by あがり症 at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

あがり症とはどんな症状をいうのか?

あがり症という言葉は知っていても、あるいは自分はあがり症ではないかと思っていても、実際にあがり症とはどんな症状なのかを知っていますか?


あがり症とは、血液中のノルアドレナリン値が上昇して起こる現象のことです。

ノルアドレナリンは神経伝達物質で覚醒や興奮に関係しています。緊張や不安を感じたときに分泌されて自律神経の交感神経を活性化して心拍数・体温・血圧を急上昇させる結果、動悸や発汗、震えなどが起こるのですが、これが過剰になってしまうのが「あがり症」といわれる症状です。

「あがり」の現象は誰にでも起こる正常な反応なのです。当然あなたにも経験があるでしょう。しかしそれが極端な場合、他の人より交感神経が過敏で過剰に反応してしまう場合を「あがり症」というわけです。

この反応のレベルがどのレベルになると「あがり症」であるという判断はありません。体温計のようにあがり症計があって、あがり度が測定できると便利なのですが、「あがり症とは」は、客観的には判断できないのです。

あがり症とは、緊張に伴う症状ですが緊張の種類にもいろいろとありますよね。



例えば、発言を求められる場合でも順番を待つ緊張と、突然の発言を求められた場合の緊張は、医学的にも異なることなのです。

順番を待つ場合を「条件恐怖」、突然の場合を「無条件恐怖」といい、神経伝達物質の作用が異なるようです。

あがり症を自覚することも多いでしょうが、実際には人前で発言などの行動をするなど、緊張を伴う行動の際に「発言がうまくできない」、「汗をかく」などの現象が出て「あがっているな」と周囲に思われることなのです。

従って、あがり症とはこういう症状だ、と自分で判断することもできませんし、外から見ても感じ方には差があるわけですから、あがり症を客観的に判断することはできないのです。


あがり症とは、周囲の人たちがあがり症だと判断するよりは自分自身が「あがり症だ」と思ってしまうことが多いというのが本当のところです。

あがり症とは、自分があがり症だと思うことが大きな要因なのです。そうは言っても気にするなと言われた所であがり症が治るわけではありませんが、「あがり」は正常な反応であり、あがるのは自分だけではないことを知ってください。


posted by あがり症 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あがり症を克服したいなら、ここをクリック ⇒  症状別、あなたのあがりにこの対処!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。